細胞診 うつ病 腰椎すべり症 FF11(休止中) 臨床検査技師(細胞検査士)が書いているブログです^^

by urashio
       Profile       
・コメント、トラックバックは
承認制を採用しております。
ご了承ください(つ∀`)
リンクフリーですが
コメントを一報いただけると、
喜びますヽ(´ー`)ノ
・初めてお越しの方は、まず
こちらをお読みください^^
リンク
----- おすすめ -----
・あんまやおざき
 ・ご冥福をお祈りいたします;
----- LS -----
☆あろぐ★
はいぽーよん
ヴァナをひねもすダラダラ行く日記
私事。跡地
じぇろのFF日記('A`)
◆硝子のかけら◆
読んではいけない

----- Friend -----
あずにっき
ゼロ除算例外
365 smile cafe♪

----- 別鯖 -----
まったりいこう
空腹魔法ハラヘニャー
吟遊詩人の唄
【高慢と】FF11&FF14超私的概論【偏見】

----- 参考 -----
公式:FF11HP
公式:LSコミュニティ
Wiki:リンバス
Wiki:ナイズル
世界/ネタバレ(FF11用語辞典)
FF11VU Wiki
FF11アビセアン
FF11 MMM Wiki
FF11 バリスタ日程表

----- 医療 -----

今日の細胞診

----- 素材 -----


----- TBP -----



Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
ファン
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
【うつ病闘病記】-パキシル
パキシルについて・・・
パロキセチン(パロキセチン塩酸塩水和物、Paroxetine Hydrochloride Hydrate)は、イギリスのグラクソ・スミスクライン社(旧 スミスクライン・ビーチャム)で開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) である。

同社より商品名「パキシル (Paxil)」で発売されている。日本では2000年11月に薬価収載され、販売が開始された。薬事法における劇薬指定。

他害行為と抗うつ剤との因果関係が否定できない症例が確認されたことから、2009年5月に厚生労働省より添付文書の改定を指示され、[重要な基本的注意]「自殺企図」の中に「攻撃性」のリスクが明示された。




概要
適応はうつ病・うつ状態、パニック障害、強迫神経症、社会不安障害[1]。その他月経前症候群、摂食障害にも用いられる。

パロキセチンは、脳内セロトニン神経系でセロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内シナプス間隙に存在するセロトニン濃度が高まり、神経伝達能力が上がる。その結果、抗うつ作用及び抗不安作用を示すと考えられる。

用法
通常は1日10~20mgから始まり、1週間から2週間ごとに10mgずつ増やす。減らす時はその逆である。 1日の服用量の上限は、パロキセチンとして、パニック障害では30mg、うつ病・うつ状態では40mg、強迫性障害では50mgであり、毎日夕食後に経口服用する。効果が実感できるようになるまでの期間に個人差が大きく、1週間から1ヶ月程度かかる。強迫神経症や抑うつ性の病気、社会不安障害の人が飲むと、理解や論文が視覚される恐怖が弱まると言う患者もいる。

パキシル服用中は、病が治ってからもしばらくの間は少量のパキシルを服用し続けることが必要である。急に薬を止めると、気分や体調が悪くなったり、何らかの拍子にフラッシュバックのようにうつ状態が再発する(俗に「揺り戻し」と言われる)可能性がある。医師の指示なく薬をやめることは危険である。


副作用
概要(添付文書中に記載のある主なものを、承認時発生頻度順に列記。867例中15.0~1.3%。)

・嘔気(投与初期に出現、多くは2週間程度でおさまる)
・傾眠(日中の倦怠感) 
・口渇
・めまい
・便秘
・頭痛
・食欲不振

重大な副作用(発生頻度は1%未満または不詳)

・セロトニン症候群(錯乱・発熱・発汗・震え・痙攣・ミオクローヌス)
・悪性症候群(体の強い硬直・じっとして動かない・震え・意識がはっきりしない・発汗・高熱)
・錯乱、幻覚、譫妄、痙攣
・肝機能障害(黄疸)

投薬中止時(特に突然の中断時)に以下の報告がある。

・めまい
・知覚障害
・睡眠障害
・激越
・不安
・嘔気
・体の震え
・発汗等(頭がシャンシャンする、耳鳴りなど)
・フラッシュバックのようなうつの再来(揺り戻し)

これらの副作用は以前から報告が有ったが2003年に取り扱い注意項目として追加された。

頭痛や眠気、吐き気などは、アルコールと一緒に飲むと起きやすくなる。服用中は、飲酒を避けることが望ましい。また妊娠中、服用中に妊娠が判明した女性は、必ず医師に伝える。


禁忌
以下に当てはまる患者には、投与不可。

パロキセチンに対して過去に過敏症を示した患者
MAO阻害剤を服用中か、服用を中止してから2週間に満たない患者
脳内のセロトニン濃度が高まるため
塩酸チオリダジン(商品名:メレリル)投与中の患者
パロキセチンが薬物代謝酵素の働きを妨げ、チオリダジンの血中濃度が上昇する危険があるため
心室性の不整脈や、心電図上でQT時間が延びると言った、心臓の動きにかかわる重い副作用を伴うため
ピモジド(商品名:オーラップ)を服用中の患者
チオリダジンのケースに同じ


剤形
パキシル(写真は10mg錠)錠 — 5mg /10mg / 20mg
日本国外では40mg錠などもあるが、日本国内では使われていない。

by urashio | 2010-01-31 19:03 | うつ病
<< 【うつ病闘病記】-デパス ページトップ 【マイホーム計画】 間取りと住... >>
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログジャンル
以前の記事
カテゴリ
タグ
最新の記事
1年ぶり?
at 2017-07-13 21:37
久しぶりに!
at 2017-04-11 21:16
少し見えました!
at 2016-06-04 13:04
【 桜島】【 どこですか?】
at 2016-06-04 11:00
栗野!かな?
at 2016-06-04 09:11
最新のトラックバック
亡者の影を拾って歩く
from ☆あろぐ★
幸薄王決定戦2010 慟..
from ☆あろぐ★
速報 猫vs猫
from ヴァナをひねもすダラダラ行く日記
記事ランキング
画像一覧

SkinMaking by Aroam